12月臨時総会

毎年恒例、12月10日といえば臨時総会です。 この総会では1月からの新体制(青年会議所は1月〜12月までを1年とし、毎年理事長をはじめ、役職がガラッと変わる単年度制です)の事業計画や予算などが諮られます。 本年度の特徴として、リモートが挙げられます。 この総会も例に漏れず全メンバーが集まることなく、リモートでハイブリッド開催されました。 筆者はJCに入会していなければ未だにリモート会議をしていなかったでしょう。先進的にいろいろと取り組めた1年でした。

さてさて。無事に審議され新旧理事長、専務がバッヂ交換か行われました。まだ本年度は12月末までありますが、一先ずここで区切りとなります。 沼田理事長、コロナ禍で思うように事業ができない年でしたが、全世界で条件は一緒。その中で我々青年会議所ができることを模索してメンバーに示していただきました。スローガンの「知行合一」と相まって、この1年で学んだことや実践したこと、確実にメンバーの身になっていたと感じる総会でした。