ー2022年度理事長挨拶ー第61代理事長 矢後芳昭

ご挨拶

明けましておめでとうございます。
昨年は第60代理事長高橋賴太のもと、60周年記念式典や各事業等、地域の皆様や先輩方にご参加・ご協力いただき大変お世話になりました。

本日、2022年1月1日より本青年会議所は新体制となり、第61代理事長として矢後芳昭が就任しました。各例会・事業の担当者も新しいメンバーとなり、1年の任期を担うことになります。

本年は各事業の担当者がよりひとつの事業に集中し力を注げる様に、また、所属するメンバーもより能動的に事業に関われるよう組織の形態を変更してまいりました。毎年、事業の中心となるメンバーが変わる青年会議所ですが、新しく事業を行うメンバーの強みを生かし、地域の皆様に貢献できるよう励んでまいります。

本年度の事業として御殿場市・小山町の子供たちの成長に寄与するための青少年事業、まちづくり事業、小学生を対象とした全国規模の相撲大会の地区大会にあたるわんぱく相撲、またこれらの事業のお知らせや本青年会議所をより皆さまに知っていただくための広報事業を予定しております。

新型コロナウイルスの感染状況に関しては、昨年、一昨年のピーク時に比べれば少ない水準ではあるものの、新しいタイプの感染が広がり始め2022年度の年始も楽観が出来ない状況が続いております。本年の活動、運動についても予定通りとはいかない部分が出てくるかと思われますが、行える限りの事業を展開していきたいと考えております。

本年もかわらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

第61代 理事長
矢後芳昭