(一社)御殿場青年会議所 会報 2019「黎明」

新年明けましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。平素は一般社団法人御殿場青年会議所に格別なるご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。

2019年度 理事長 髙田 宜秀
2019年度 理事長 髙田 宜秀

私は一般社団法人御殿場青年会議所2019年度第58代の理事長を仰せつかりました髙田宜秀と申します。

青年会議所は二十歳から四十歳までの青年経済人で構成されており、1949年に「明るい豊かな社会の実現」に向け、社会貢献を目的として発足された団体です。我々御殿場青年会議所においては1962年より活動を続けており今年で58年目を迎えます。

世の中も刻々と変化し進化を続ける中、御殿場・小山の社会情勢も大きく様変わりをしております。この変化に対応していくためには、型に嵌まらず多角的に物事を捉え柔軟な発想で、先見の明をもって行動していく必要があります。

本年度、御殿場青年会議所は『限界の先に無限の真価~想いをつなげ NEXT INNOVATION~』をスローガンに掲げ、高い志と強い使命感をもって御殿場・小山のより良い未来のために邁進して参ります。青年会議所は一年ごとに組織が変わります。本年は諸先輩方の培われてきた伝統と経験を基に、原点回帰によって得られた強い団結力と行動力を遺憾なく発揮するとともに、経験豊富な会員とやる気に満ちた勢いのある若手会員を中心に組織を構成して参ります。

社会的変化によって引き起こされる子どもを取り巻く悪環境を取り除き原体験によって親子の絆を育み親と子がともに成長できる環境を創っていくこと、インフラ整備による波状効果を有効活用し今以上に御殿場・小山を活性化させるためのビジョンを描き行動していくこと、そして、これら事業を行う上で必要不可欠な次代のリーダーを育成していくこと。いつの時代もまちの起爆剤となるのは青年です。このまちを牽引していく若者達にも多くの経験を与え想いをつなげて参ります。同世代が同じ目標に向かって切磋琢磨していくことでまちを支える原動力となり、御殿場・小山の発展に貢献していけると考えます。

子ども達が健やかに安心して暮らすことのできる環境づくり、未来への希望となる理想のまちづくり、人々の想いを次代につなぐリーダーの育成など、我々御殿場青年会議所は自由な発想で新たな可能性を信じ、まちに変革をもたらすべく積極的に御殿場・小山の課題と向き合い活動して参ります。

結びに、皆様方のご健勝とご多幸を心よりご祈念申し上げ、新年の挨拶とさせていただきます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

印刷用PDF