「次に乗船するのは君達だ!!!」

この記事は2017年5月16日に投稿されました。現在の状況とは違う可能性がございます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

「次に乗船するのは君達だ!!!」

4月29日(土)

第44船JC青年の船「とうかい号」結団式

乗船者と共に名古屋へ出発!

 
そもそも、「とうかい号」結団式とは・・・

静岡・愛知・岐阜・三重(東海4県)から乗船メンバー

600人(JCメンバー150人、一般乗船者450人)が集まり、

船でのチームごとに初顔合わせを行い懇親を深める日でもあり、

さらに!結団式会場にて、昨年乗船した一般乗船者の話を聞いて

モチベーションを高める日でもあります。

行きの車中では、過去に乗船した御殿場青年会議所メンバーから

「一度しか乗れない船だから思いっ切りやって来い!」といった

アドバイスを交換しながら名古屋まで向かいました。

その中でも、とうかい号乗船1週間の船旅の最中は、

今日顔合わせをするチームメンバーとの交流が非常に多く

「乗船後も親交を交わす間柄になるのだ!」
と聞き、今日初めて
会う自分のチームメンバーの重要性を理解していました。

生活委員会へ出向「加藤 浩之 君」

 

歓送迎会委員会へ出向「山内 勇人 君」

 

研修委員会へ出向「堀内 聡太 君」

 

将来の「親友・恋人・伴侶」になるかもしれないメンバーが

どんな人物か期待や緊張を膨らませ各フロアへ・・・

期待に胸を膨らませる者、不安を抱きながらも勇気を振り絞る者など

様々であったが、フロアに入る時は一様に緊張の面持ちで入室しました。

御殿場会員所のメンバーは乗船決定からずっと乗船者に寄り

添ってきたため、御殿場青年会から乗る乗船者がちゃんと

チームメンバーと話出来るのか・・・友達が出来るのか・・・

乗船中楽しんでくれるのか・・・親の様な心境で見守っていました。

 

チームで自己紹介や簡単な説明を受けた後は、大ホールで

「とうかい号」を行う目的や目標、また去年乗船者の話を
聞きました。
昨年の乗船者のリアルな体験談を聞きモチベーションも

上がり、活発な意見や質問が帰りに車内で飛び交っていました。

乗船まで残りわずか・・・

御殿場青年会議所一同バックアップしていきます!!!

「次に乗船するのは君達だ!!!」

一般社団法人 御殿場青年会議所
      2017年度 スローガン
             G・O  for it !!
〜万物に感謝を携え突き進め!〜