賀詞交歓会

この記事は2016年1月28日に投稿されました。現在の状況とは違う可能性がございます。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

1月19日名鉄菜館にて(一社)御殿場青年会議所 2016年度賀詞交歓会を開催いたしました。御殿場市長若林洋平様や小山町長込山正秀様をはじめとする多くの来賓の方と、私が昨年共に乗船した第42回JC青年の船「とうかい号」国際交流委員会の皆様、そして御殿場JCをご卒業された特別会員の皆様にお越し頂き、メンバーも31名中30名が出席し盛大に会を行うことが出来ました。ありがとうございました。

この賀詞交換会は理事長として初めてその年の方針や意気込みを皆に発表する場となります。歴代理事長の先輩方にはどれだけ緊張するかという話は聞いており、心づもりは出来ていたのですが、いざあの場で話すとなるとやはり緊張します。事前に構成していた話をすべて完璧にとはいきませんでしたが、とにかく想いを伝えようと頭が真っ白の中自分の所信を心の限りお話しさせていただきました。

その後御殿場市長と小山町長にご挨拶を頂きました。両名共通されておっしゃっていたことは、若い人の力が必要であるということ。これは色々なところでも耳にする話で、実際に想いがあってもどうやって力を発揮して良いのかわからない若い方は多いと思います。我々青年会議所は若者の想いを集結させ行動し実現させていく団体であります。より多くの方に参加していただき、地域の青年世代の代表としてより多くの責任を果たしていきたい。そんな思いです。

その後組織紹介では各委員長が1年間の抱負を語りました。緊張しながらのではありますが、各々の想いを力強く発信してくれました。内容に未熟な部分、粗削りの部分も確かにありますが、想いを発することで相手に熱意を伝えることだけではなく自分自身気づくこともあります。これから各事業がスタートしていきますので、是非その情熱で一年間進み続けましょう。

短い時間ながらお越しいただいた皆様に多くの激励を頂戴し、様々な意見交換をすることができました。またメンバーも積極的に名刺交換を行っており「チャンスを生かせ」というメッセージをちゃんと受け止めてくれたようです。

盛大のうちに幕を閉じさせていただき、メンバー一人一人のがんばりのおかげで素晴らしい1年のスタートが切れたことに感謝します。

(一社)御殿場青年会議所 理事長 込山正一郎